車の下取りと買い取りの違いは?メリットとデメリットを解説 |輸入車の事故車買取は買取キングにお任せください!

買取キング

運営会社

0120631960

メニュー
輸入車買取について
車の下取りと買い取りの違いは?メリットとデメリットを解説
2021年12月15日

はじめに

「車の下取りと買い取りってどう違うんだっけ?」

 

今の車を売却したいと考えるとき、こんな疑問が浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は下取りと買い取りの違いについて解説し、それぞれのメリットとデメリットをご説明していきます。下取りと買い取りの違いを知って、自分に合った方法で納得のいく売却方法を見つけてみましょう。

下取りと買い取りの違い

まずは下取りと買い取りの違いについて解説します。

 

・下取り

ディーラーで新しい車を購入することを条件に、今まで乗っていた車を売却して引き取ってもらうこと
・買い取り

買い取り専門店などで現在乗っている車を売却し、査定価格に応じた現金を受け取ること

 

下取りはディーラーで新しい車を購入することが前提です。ディーラーは今まで乗っていた車を査定し、新しく購入する車の代金から査定額を値引きすることになるので、手元に現金は残りません。

新車の購入時には「新車の値引き金額」と「下取り車の買い取り価格」が新車の金額から引かれることになります。

 

買い取りは、文字通り買い取り業者が車に値段をつけて買い取ることを指します。車を売却した分の現金が手元に残り、何に使うかも自由です。

次の車の購入とは関係ないため、いつ・どこで売るのか、自分の都合の良いタイミングで売れますし、複数の買い取り業者に査定を頼み、より高く買い取ってもらえるところで売る、ということもできます。

買い取りではその車の修復歴・傷などの車の状態、オプション品、車のグレードや市場で人気の車種であるか、などの要素を総合的に見て査定を行います。

 

次に買い取りと下取り、それぞれのメリットとデメリットを挙げていきますので、どちらが自分に合った方法か比較してみて下さい。

下取りのメリット・デメリット

下取りのメリット

まず挙げられるメリットとしては、手続きが簡単であることです。
新車を購入する際に「今乗っている車を下取りしてほしい」と伝えるだけで査定してもらうことができるため、自力で業者を探したり査定額を比較したりする手間がかかりません。
必要な書類の手配や名義変更の手続きもディーラーが代行してくれるので、ディーラーから指示のあったものを準備しておけば手続きが済みます。

 

次の車の納車まで下取り車に乗れる点もメリットのひとつです。
他にも新車の購入金額に合わせて値段の交渉ができることもあります。高額な車を購入する場合、交渉次第では金額に合わせて下取り額を高くしてもらうこともできるかもしれません。ただし基本的には下取りよりも買い取りのほうが査定額は高いです。

下取りのデメリット

デメリットはずばり査定額が安いこと。
下取りでは、一般財団法人日本自動車査定協会が業界向けに発行するイエローブックという車種やグレードごとの中古車の卸売り相場が掲載された冊子を参考に、買い取り価格が決められています。そのため中古車の買い取り相場は反映されにくい傾向があり、中古車として人気があっても年式が古いとディーラーの査定額は安くなるので、買い取り店のほうが査定額は高くなります。場合によっては買い取りと下取りで見積額が数十万円の差になることもあるようです。

 

また、ディーラーでの下取りは状況によって値引き額を下げる代わりに下取り額を上げたり、下取り額を下げて値引き額を上げることがあり、車の正確な査定額がわかりにくいことがあります。
一見下取り車の買い取り価格が高くても、値引き可能額を下げて下取り額に上乗せしている場合があり、本当に得をしているかどうかわからないことがあるのです。

買い取りのメリット・デメリット

買い取りのメリット

買い取りの最大のメリットは下取りよりも買い取り価格が高いことです。
中古車市場で人気の車や価値の高いオプションパーツなどを正確に評価できることから、下取りよりも高額査定に繋がりやすくなりますし、買い取り店が得意とする車種や人気の車種、人気の装備を備えている車であればより高く売れる傾向があります。
また、買い取り対象の車種が多く、自社で販売が難しい車も中古車業者専用の市場で売却するため、下取りよりも高額で買い取れるところが多いです。

 

他にも下取りとは違って手元に現金が残ることもメリットです。
買い取りであれば複数のお店を回ってより高く買い取ってくれるお店を探すこともできますし、車の買い替えをせず売却だけしたい場合にも利用できます。
売却して手元に残った現金は次の車の購入資金にも他のことにも使えます。

買い取りのデメリット

一社ではなく複数の業者に査定を依頼した場合、査定の時には依頼した業者の数だけ立ち会う必要があるため、その分手間と時間がかかります。
他にも提示される査定額の有効期限は数週間と短いため、次の車を購入するために売却する場合は、売ってから次の車が納車されるまで手元に車がなくなってしまいます。
買い取り店によっては代車を貸してもらえるところもありますが、一般的にはそうした事態を避けるために新しい車の納車時期が近づいてから再度買い取り査定してもらいます

下取りか買い取りどちらがおすすめ?

どちらを選ぶかはケースバイケースで、車をより高く売って自由にお金を使いたいなら買い取り、新しい車の購入に合わせてスムーズに売却したいなら下取り、ということになります。
下取りは買い取りより手続きが簡単ですが、査定額が安い傾向があるので愛車を高く買い取ってほしい人には専門店での買い取りの方がメリットは大きいです。

 

買い取り専門店にはそれぞれの得意とする分野があり、例えば私たち買取キングでは輸入車の事故車の買い取りを得意としています。
廃車・不動車・ 大破した事故車・水害車など、どんな状態の車でも対応しております。他社で査定額が付かなくても、一度輸入車専門の廃車・不動車 買取キングにご相談ください。

LINE査定はこちら!

一般ユーザー様無料査定はこちら!

自動車業者様無料査定はこちら!

一般ユーザー様無料査定はこちら! 自動車業者様無料査定はこちら! 電話をかける